マンションの場合

マンションの場合の防音工事について、知っておきたいポイントを解説しています。

マンションの一室にも防音工事はできる?

一般的に、鉄筋コンクリート造のマンションは、木造住宅よりも防音対策に適しています。

しかし、マンションなどの集合住宅では、楽器演奏や音楽鑑賞など自分の発する音が、上下階や隣の住民などに迷惑をかけているのではないか?と心配する方も多いでしょう。

マンションの一室に防音工事を施工することは可能です。ただ、実際にはあまり音漏れしていない可能性もありますので、自分の発している音が本当に迷惑をかけているのか、一度確認してみることをおすすめします。

賃貸の場合はユニットタイプがおすすめ

賃貸マンションの場合は、まず、防音工事の許可を取ることが難しいです。解約時の原状回復が契約条項に含まれていることも多いため、防音工事できないケースが多々あります。

賃貸マンションには、家具のように設置できるユニットタイプの防音室なら比較的導入しやすいでしょう。

マンション防音工事で知っておきたいこと

鉄筋コンクリート造マンションの防音工事は、木造戸建と基本的には同じです。しかし、適切な防音工事材料の素材や量の違いをはじめとして、マンションならではの考慮すべき点もいくつかあります。

部屋の配置や間取りの注意点

まず、マンションの防音対策では、部屋の配置や間取りに注意することが大切です。

ピアノ室やホームシアターなどを作るのであれば、地下の部屋や、一階の角部屋などが理想的でしょう。

大きな音が発生する部屋の壁方向に、寝室や勉強部屋などを隣接させないこともポイントです。

お部屋に合わせた防音素材を選びましょう

また、コンクリート造は音が反響しやすいことも特徴であるため、音の反響を抑えるための音響設計が必要になります。

石膏ボード、グラスウール、ウレタン、ゴムシート、化粧吸音材、穴あきアルミといった吸音素材や制振材の選択と、それらをうまく配置させる設計が大事です。

それから、見落としがちではありますが、換気口からの音漏れにも防音対策が必要です。具体的には、遮音シートなどの巻き付け、ダクトに曲がりを付ける、消音換気扇を付けるなどします。

ホームシアター ショールーム体験レポート

防音室やシアタールームの導入を検討しているなら、まずは実際に体感してみるのがおすすめ!ということで、実際に防音工事専門会社のショールームへ行ってきた体験を徹底レポートします!

体験レポートの続きを見る