防音室・シアタールーム完全ガイド » そもそも防音工事とは?知っておきたい基礎知識 » 防音室が約60万円!ユニットタイプの防音室で音楽を低コストで楽しもう

防音室が約60万円!ユニットタイプの防音室で音楽を低コストで楽しもう

家庭でピアノなどの楽器を演奏する際は、防音室があれば時間を問わず、周りを気にすることもなく思う存分演奏できますよね。

しかし、防音設備を整えようとすると、かなりの費用がかかってしまいます。

できるだけ費用を抑えて防音室を用意したい方には、ユニットタイプの防音室がおすすめです。

ユニットタイプの防音室は、部屋全体に防音の工事をするのではなく、部屋の中に組み立て式の防音室を設置するというもので、大手楽器メーカーを中心に、防音設備を取り扱っているメーカーで販売されています。

ユニットタイプのメリットとしては、必要な大きさだけ用意できるところや、引っ越しの際に移動できる手軽さにあります。

また、部屋全体を防音工事する場合と比べて低価格であり、大がかりな工事も不要です。

小さいものなら防音室が約60万円で手に入る!

部屋全体を防音にするための工事にはかなりの金額がかかりますが、ユニットタイプであれば、価格を抑えられます。 有名楽器メーカーのユニットタイプ防音室は最も小さい0.8帖のものなら60万円ほどで、基本的に広くなるほど値段も高価になります。

価格だけではなく、防音効果や設置方法などもメーカーによってばらつきがあるので、設置を検討する際は注意が必要です。

インターネットからでも特徴や仕様を調べることができるので、まずは大きさや値段を見てみると良いでしょう。

ユニットタイプの大きさは0.8帖〜5帖超まで様々

ユニットタイプの防音室は定型で省スペースなものが多く、前述のように小さいものだと0.8帖から販売されています。

メーカーによっては5帖を超える大型のものまで用意されているので、用途に合わせて購入することができます。

ただし、設置の際は設置場所に十分なスペースが確保されていなければなりません。あらかじめ部屋の大きさを考慮して防音室の大きさを決めましょう。

ユニットタイプは大規模工事が不要で手軽に導入できる!

ユニットタイプの防音室は組み立てるだけで使えるようになるので、大掛かりな工事は必要ありません。壁や床を傷つけることもなく、部屋に設置することができます。

部屋全体を防音工事するとなると、工事期間中はその部屋を使うことが難しいですが、組み立てるだけのユニットタイプであれば、即日から防音室を利用することも可能です。

また、持ち家の場合は防音工事も可能ですが、借家の場合は防音工事をするのは難しいですよね。

定型タイプで組み立て式のユニットタイプであれば、賃貸住宅に住んでいる場合でも防音室を持つことができます。

引っ越しの際に移設できる防音室もあるので、手軽さの面でも非常に優れていると言えます。

気になったらまずは見積もりを!

メーカーによっては、インターネットで簡単に見積もりをとることができます。

気になる方は、設置する部屋の広さや、希望する防音室の大きさなどを確認した上で、見積もりを取ってみると良いでしょう。

メーカーによって価格はもちろん、防音効果にも違いがあるので、事前にいくつかのメーカーで見積もりをとり、比較することをおすすめします。

ユニットタイプの防音室は、費用を抑えたい方や少しのスペースでかまわないという方には特におすすめです。

近所迷惑や時間のことを気にせず、思う存分音楽を楽しみたいという方は、ぜひ一度ユニットタイプの防音室を検討してみてはいかがでしょうか。

ホームシアター ショールーム体験レポート

防音室やシアタールームの導入を検討しているなら、まずは実際に体感してみるのがおすすめ!ということで、実際に防音工事専門会社のショールームへ行ってきた体験を徹底レポートします!

体験レポートの続きを見る