HOME » 【遮音性能別】念願の防音室ができるまで » 【番外・プロ仕様】ホームスタジオ

【番外・プロ仕様】ホームスタジオ

ホームスタジオを設計・施工する際のポイントや、個人向け防音室との違い、おすすめの防音工事業者などを紹介しています。

プロ仕様のホームスタジオ設計・施工のポイント

プロ仕様のホームスタジオを設計・施工する際には、個人向けの防音室よりも高い遮音性能や防振対策が必要となります。ホームスタジオの遮音性能は、D-75以上を目標値とすることで、バンド演奏や和太鼓演奏などにも対応可能です。

また、プロユースの防音室は、室内の静かさを確保する対策や、室内音響も重要なポイントになります。その他、スタジオ内で長時間作業する場合のことを考慮した空間づくりなども大切です。

ホームスタジオの設計・施工を検討するなら、音楽のプロの要求にも応えられる防音工事・音響設計専門の会社に依頼しましょう。防音工事や音響について熟知した専門家の目線からの、的確なアドバイスや最適なプランニングが期待できます。

ホームスタジオ設計・施工におすすめの工事業者

会社名 エターナルステージ
ホームページ http://eternalstage.com/
特徴 音楽家のプライベートスタジオから、プロユースの各種スタジオ、音楽ホールまで、プロ仕様の防音スタジオを多数設計・施工している会社です。経験豊かな専門スタッフによる、安定したクオリティの施工を行っています。高い遮音性能を実現する工事技術によって、RC造マンションにも木造住宅にも対応可能です。また、工事完成後にもし予定していた防音性能に満たない場合は、補強工事や補修工事を行っています。
会社名 EOSS
ホームページ http://www.eossjp.com/index.html
特徴 個人向けの防音室からプロ仕様の各種スタジオまで、音にこだわった空間づくりをしている音響設計事務所です。建物の遮音・防音はもちろんのこと、スタジオの音響設計や音響設備について熟知した専門スタッフが、プロの音楽家のニーズにも応えられる豊かな音響空間を実現しています。オーディオラックなど家具の配置によって音の響きを調整するなど、音の専門家ならではの提案が特徴です。また、快適な室内空間にするために、照明や内装などの空間デザインも総合的に提案しています。